肝臓がん末期闘病記

肝臓がん末期闘病記

【第2部】
◆肝臓がん末期闘病記◆
〜私の徒然日記〜
2010年3月2日


血液検査結果
こんにちは。笹野富美夫です。

やっと暖かい日が増えて来ましたね!
私は寒いのがとても苦手で。。。

でも、《すこぶる元気》です(笑)!
皆さんはいかがお過ごしですか?


先日、年に数回受けている《恒例》の血液検査を受けて来ました。

毎回の事ですが、 結果が出るまでは本当にドキドキです。。。

血液検査結果(2010/02/19)


そして気になる結果は…、
お陰さまで今回も《異常ナシ》!!!


過ぎてしまうとアッと言う間の事ですが この3月で、末期がん(肝臓がん)の告知、そして余命3ヶ月の宣告を受けてから もう6年になります。
克服から4年が過ぎます。

当時の私の病を知る人は、今、私がこうして《ごく普通》の生活を送れているとは 想像も出来なかったと思います。

今も家族や友人、知人などと話していると

『本当に良く治ったなぁ。』

『《まさか》の時には宜しく頼むよ!』

ナンテ、冗談話しも良く出ます。


またそれと同時に、それだけ《がん》と言う病は、 いつ、誰に降りかかって来てもおかしく無い、 他人事ではない、ごく身近な現状になりつつあるようにも思います。


昨年は私達夫婦にとって、《6人目》となる孫が産まれました。

その6人の孫のためにも元気で過ごし、 皆様にも元気な様子をいつまでもお伝えして行きたいと思っております。



【私の徒然日記】トップへ


肝臓がん末期闘病記

*肝臓がん末期闘病記トップ
*肝臓がん末期闘病記を書くにあたって
*今思う…、私の命の分かれ道
*肝臓がん末期闘病記
*私の肝臓がんデータ
*私の徒然日記


PC用URLをメールで送る
このサイトのURLをメールで送る