肝臓がん末期闘病記

肝臓がん末期闘病記

【第3部】
◆肝臓がん末期闘病記◆
〜造影剤の副作用で死の瀬戸際を経験〜
2004年4月〜2004年5月頃


1:がん患者は日々が闘い
2:胸に抱いていたある疑問
3:病院へ相談に行く
4:1ヶ月ぶりの入院
5:手術の説明を受ける
6:バルーン手術の検査当日
7:突然襲われた造影剤の副作用
8:造影剤の怖さを実感
9:『オバケ(?)』を見る
10:病室は移動してもらったが…
11:退院するが検査結果は…
12:身体も気持ちも不安定に
13:救急車、そして死の宣告



肝臓がん末期闘病記

*肝臓がん末期闘病記トップ
*肝臓がん末期闘病記を書くにあたって
*今思う…、私の命の分かれ道
*肝臓がん末期闘病記
*私の肝臓がんデータ
*私の徒然日記


PC用URLをメールで送る
このサイトのURLをメールで送る