肝臓がん末期闘病記

肝臓がん末期闘病記

【第6部】
◆肝臓がん末期闘病記◆
〜自分で自分を守る〜
2004年10月〜2005年2月頃


1:やっと退院許可が出る
2:やっぱりオバケ???
3:退院後にキノコ狩りに行く
4:兄がつけた目印
5:胆汁が何度も止まる
6:突然の寒気と震え
7:薬の副作用の恐ろしさ
8:『氷』で自分を守る
9:鳥目(?)になる
10:体調がなかなか優れず
11:リザーバーは不要?
12:リザーバー除去手術
13:ある御高齢夫婦の話し
14:正月は我が家で?!
15:大晦日、1年を振り返る
16:久し振りの我が家
17:正月明け、また入院生活
18:ある患者さんの話し
19:3ヶ月振り退院・ワカサギ釣り
20:初めて自分で胆汁を処理



肝臓がん末期闘病記

*肝臓がん末期闘病記トップ
*肝臓がん末期闘病記を書くにあたって
*今思う…、私の命の分かれ道
*肝臓がん末期闘病記
*私の肝臓がんデータ
*私の徒然日記


PC用URLをメールで送る
このサイトのURLをメールで送る