肝臓がん末期闘病記

肝臓がん末期闘病記

◆今思う、私の命の分かれ道◆
〜4:がん細胞 VS 免疫細胞〜



【がん細胞 VS 免疫細胞】の戦争(戦い)について以前、免疫療法の中で 『後で詳しくお話しします。』とお約束をした事で 今回、その内容についてお伝えしてみたいと思います。
【がん細胞 VS 免疫細胞】の話しは、私が末期がん(肝臓がん)の闘病中、 ある書店へ行ってがん関連の本を読んでいた時、 目に留まり、記憶に残った内容でした。
その本は、【がん細胞 VS 免疫細胞】と言うタイトル(?)で がん細胞と免疫細胞の闘いを戦争に例えて説明している とても分かりやすい内容になっていました。
その内容を私は食い入るように読んでいました。
そして読んでいる内に私が実践している『自己免疫療法』が 正しく【がん細胞 VS 免疫細胞】で、 まるで私の身体の中で起こっている闘いを見ているように思えました。

その後、末期がん(肝臓がん)の克服から3年と2ヶ月が過ぎました。(2009/1現在)
今もあの時、読んだその内容は忘れません。
私は当時、あの本を読んだ事で 私自身の直感を信じた事に対して、 『俺の身体は今、がん細胞と一生懸命闘っているんだ、 諦めないで末期がん(肝臓がん)と闘って行こう。』と強く感じました。
もちろんその後も大きな紆余曲折はありましたが 結果的に私は末期がん(肝臓がん)克服と言う、 『医学界において例が無い』と言われる事を成し遂げられたと思っています。
末期がん(肝臓がん)の告知から、余命3ヶ月の宣告、 そして1年8ヶ月に及ぶ長い闘いの中で がん細胞が勝つか、それとも私の免疫細胞が勝つか、 まさに【がん細胞 VS 免疫細胞】の戦争(闘い)が 昼夜を問わず日々私の身体の中で行われていた訳です。
それは目には見えませんが生きる生命力と言うものを感じました。


⇒5:がんの発症率と免疫細胞


◆今思う、私の命の分かれ道◆

1:余命3ヶ月の宣告と治療方法
2:腹水、死を覚悟する
3:食医、食べる事の大切さ
4:がん細胞 VS 免疫細胞
5:がんの発症率と免疫細胞
6:がん細胞との戦争に勝つ


◆メールはこちら


肝臓がん末期闘病記

*肝臓がん末期闘病記トップ
*肝臓がん末期闘病記を書くにあたって
*今思う…、私の命の分かれ道
*肝臓がん末期闘病記
*私の肝臓がんデータ
*私の徒然日記


PC用URLをメールで送る
このサイトのURLをメールで送る