肝臓がん末期闘病記

肝臓がん末期闘病記

◆今思う、私の命の分かれ道◆
〜5:がんの発症率と免疫細胞〜



【がん細胞 VS 免疫細胞】について、 私自身の闘病生活を思い出しながら、 そして、当時読んだその本の記憶をたどりながら書かせて頂こうと思います。
がん細胞は、『悪性腫瘍』と言われるように 現代医学をもっても中・末期の進行では根治は難しいと言われています。
また、現代病の中でも、がんの発症率は年々、高くなると言われています。
何故、がんの発症率は年々高くなっているのでしょうか。
そもそもがん細胞は誰でも持っているそうです。
私達の身体の中では毎日、『3,000〜6,000個』のがん細胞が 発生していると言われますが、私達の身体には『免疫機能』が備わっていて ウィルスやがん細胞などの異物を排除する役割を担っています。
それは免疫機能の
【白血球】
【リンパ球】
【マクロファージ】
【ナチュラルキラー細胞】
【ヘルパーT細胞】
などと言われ、健康の方でもがん患者の方でも同じ機能が備わっています。
しかし、それらの免疫機能が弱体化していると がん細胞はこれらの『防御の網の目』を巧みにかわして増殖して行きます。
するとがん細胞はブレーキが壊れたように無限に増殖し続け、 やがてその周りの正常な組織はがん細胞に栄養も酸素も奪われて 機能低下を招いてしまいます。
その進行具合によって、中期・末期となる訳です。
そういう事態を招かないためにも 免疫機能を通常以上に高めてがん細胞を『叩く』事ががんと言う病を改善させるには とても重要になってくると思います。


⇒6:がん細胞との戦争に勝つ


◆今思う、私の命の分かれ道◆

1:余命3ヶ月の宣告と治療方法
2:腹水、死を覚悟する
3:食医、食べる事の大切さ
4:がん細胞 VS 免疫細胞
5:がんの発症率と免疫細胞
6:がん細胞との戦争に勝つ


◆メールはこちら


肝臓がん末期闘病記

*肝臓がん末期闘病記トップ
*肝臓がん末期闘病記を書くにあたって
*今思う…、私の命の分かれ道
*肝臓がん末期闘病記
*私の肝臓がんデータ
*私の徒然日記


PC用URLをメールで送る
このサイトのURLをメールで送る